カロリー制限をして少しでも若い肉体を維持

中高年になると、男女誰しも太る傾向になります。原因は色々とあります。

 

加齢により、運動不足になりカロリー消費ができないことも理由の1つです。運動不足を解消したくても、カラダが老化して不具合が起きてるので、ちょっとした運動をすると体調を崩したり、若い頃ならしなかった怪我までもしてしまうので、なかなか思うように運動も継続して出来ないです。

 

体内においても老化しています。内臓の機能も徐々に落ちていますから、若い頃には余分なものを排除できていたものが、そのまま体内に溜まってしまう傾向にあります。

 

数値でも明らかなのが、基礎代謝が大幅に落ちてきますから、若い頃と同じ食事量や同じ運動をしていても、同じような効果が得られないのです。疲れやすい体にもなっていますし、病気もしがちな肉体ですから、そうそう簡単に若い頃と同じようなことや、それ以上のことをするのは限界があります。

 

そこで、私が試しているのが、カロリー制限です。他の人に比べると運動もしてる方ですが、それでも痩せにくい感覚を得るようになっています。ですから、三食共に、カロリー計算して、量は多いがカロリーを減らす努力をしています。

 

中高年になっても食欲は意外と同じなので、量をすぐに減らすのはストレスになります。そこで、量は減らさずに摂取カロリーを減らしているのです。なんとか中高年でありながら、20代の頃と同じ体型を維持できています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です